白い肌

美白とは、白くて、きめ細やかな美しい素肌の状態を維持、または導くことを言います。
色白は七難を隠すと言われているほど、美白には様々な効果があります。

□方法
・食事 美白をするためには、食事にも気をつけなければいけません。
ビタミン類を摂取することが大切です。ビタミンCを含む食材には、かぼちゃ、柚子、焼き海苔、キャベツ、ブロッコリーがあります。これらの食材には、黒色メラニンを無色に戻し、ストレス予防にもなります。
ビタミンEには、新陳代謝を良くする効果があります。ピーナッツ、かぼちゃ等が含んでいます。
乾燥肌に良いとされている食材は、ビタミンAを含んでいる食材です。レバーや人参、ニラが代表的です。
・睡眠 お肌がキレイになるゴールデンタイム。この時間には、新陳代謝が最も活発な時間と言われています。ゴールデンタイムに睡眠を取ると、食事やスキンケアの効果が現れやすくなります。
・スキンケア 洗顔料やクレンジングをきちんと使います。水洗いだけでは、お肌の皮脂汚れや毛穴の奥の汚れまで取れません。自分の肌タイプにあった洗顔料をセレクトすることで、美白の効果がより期待できます。

□洗顔
毛穴のケアをしたい場合、洗顔前に毛穴を開かせることがポイントになります。
蒸しタオルを顔に置き、汚れを浮かせます。
洗顔料はしっかり泡立てます。ふわふわの泡は、お肌を傷つけずに洗うことが出来ます。指の腹を使い優しく洗います。

□石鹸
洗顔石鹸には、色々なものがあります。
選ぶポイントは、泡立ちのよさ、洗浄力、保湿力です。

□ピーリング
ピーリングは、お肌の角質を剥がします。毛穴のつまり、毛穴の汚れ、ニキビ予防ができます。
主に、フルーツ酸や酵素などの成分を用いて角質を落とします。洗いあがりは、ピーリング剤より様々です。

□スクラブ
スクラブでは、毛穴のつまり、肌のくすみ、肌のざらつきをキレイにします。細かい粒のもので、毛穴の汚れを落とします。

□タイミング
取り扱いの留意点に記載されている事もあります。一般的には、ピーリングやスクラブは毎日行うお手入れではありません。週に1回ほどが良いとされています。

洗顔石鹸を使って洗顔をする際、泡に拘りを持つ理由として、次の3つが挙げられます。表面積、物理的、安全性・機能性です。
・表面積 泡たてると、顔からはみ出るくらいの泡が立ちます。そのぶん、汚れと洗顔料が触れる面積が大きくなります。細かい汚れを落とすには、泡たてた方が皮溝の汚れも落としてくれます。
・物理的 泡を立てないで洗顔をすると、手で顔を擦ってしまいます。それでは、皮膚を傷つけてしまうのです。きめ細かい泡を立てると、泡が肌を洗ってくれます。
・安全性・機能性 洗顔料というのは、泡たてて使用する事を前提に作られているものもあります。きちんと、使用法を守らなければ機能性と安全性が落ちてしまいます。機能性というのは、洗顔料やスキンケア用品の効果も含まれています。

□成分
・メラニン生成抑制 ビタミンC誘導体、ルシノール、コウジ酸、エラグ酸、マグノリグナン、プラセンタエキス、リノール酸、カモミラET、トラネキサム酸など。
医薬部外品と認められていないが効果がある成分は、クラブリジン、ハイドロキノン、ロドデノールがあります。
成分により、美白のアプローチ方法が変わります。
また、成分の組み合わせにより効果が変わります。

□種類
洗顔料の種類には、クリームタイプ、リキッドタイプ、泡タイプ、パウダータイプ、固形石けんタイプがあります。

□選び方
洗顔料の選び方は、自分の肌タイプを知る事からスタートします。効果が無いと感じるのは、自分の肌タイプの認識が間違っている可能性もあります。
洗顔料の商品説明や成分の表示をみると、どの肌タイプに適しているのか記載されている事もあります。その他、通販サイトでは商品の説明がきちんとされているので、参考になります。